はな・hana~お花の時間「サルビア」「お米の話」

 

 

H30年 7月20日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【サルビア】 シソ科

サルビア・スプレンデンス・・・緋衣草(ヒゴロモソウ)

09101849_4e6b32a2a7d08[1]

・日本でサルビアといえば「サルビア・スプレンデンス」を指します。

初夏(6月頃)から秋の終わりまで、開花期間が長いことも特徴です。

 

・観賞用だけではなく食用の品種も。

肉のソーセージに使われたていたことから食用種を「セージ」、

観賞用種を「サルビア」と呼び分ける習慣があります。

 

・本来多年草ですが、日本の真冬に耐えられず枯れてしまうことから、寒さに弱い品種は一年草として扱われます。

 

・サルビアは、英語では「セージ」と呼ばれ、抗酸化作用や消化促進、解熱などの効果がある

ことから、古代ローマ時代から薬草として用いられてきました。

 

 

【お米の話】 

・品種のルーツをたどれば

明治時代に作られていた「旭」と「亀の尾」の2品種にたどり着きます。

現在でもこの2品種は食用米として作付けされている他、日本酒の醸造にも使われています。

*西の「旭」 東の「亀の尾」

 

<人気のお米>

美味しいお米を見つけるには

・作付け割合のランキング・・・日本国内で、どの品種のお米が最も消費され、どのお米が植えられたのかが一目瞭然。

・「米穀検査による米の等級」・・・収穫された後に玄米の状態でお米の等級が検査され、

整った形の米粒が含まれている割合や、虫食いの有無、透明感などを重視して検査されます。

・「穀物検定協会の食味ランク」・・・「香り・外観・味・粘り・硬さ」に「総合評価」を加えた6項目に

おいて優劣を評価しランク付けしています。

 

 

<お米の保存方法>

・保存容器はいつも清潔に・・・新しいお米を入れる度に内部をキレイにしましょう。

(糠などがついていると虫やカビ発生の原因に)

・湿度の高い所・直射日光の当たる所は避け涼しい場所に保管

・冷蔵庫に保管する場合は結露が出ないように注意。

 

 

 

Comments are closed