はな・hana~お花の時間「タンポポ」「ハーブティー」

 

  

H31年 2月1日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>

【タンポポ】 キク科   蒲公英

・開花時期は、3月始め頃 ~5月末頃。

・日本タンポポと西洋タンポポがあり、多くは西洋タンポポ。

 

<タンポポの冠毛(綿毛)>

c0a91daee483fdad8b648f908f84ac8a_1452771260-480x320[1]

たんぽぽの綿毛は、時期が来ると風に乗り種を遠くに飛ばし、さまざまな所に定着します。

・春頃に咲いたタンポポの花がしぼむと綿毛ができます

・それぞれ花びらの下に実になる子房があり、その上に毛のような突起「冠毛」が生えています。

・子房が熟して種ができると、冠毛が乾燥して放射状に開いて真っ白な綿毛になります。

 

*日本タンポポは虫に受粉を助てもらい種を作りますが、

西洋タンポポは受粉を必要とせず、ひとつのタンポポ内だけで種を作ることができます。

 

・古くから、中国やヨーロッパでは薬効があるとされ用いられてきました。

<タンポポコーヒー>

タンポポの根をコーヒーの豆のようにロースト(炒る)して作ります。

ホルモンバランスの調整や、生活習慣病予防と改善に役立つとのこと。

ノンカフェインなので妊婦の方も安心。

 

【ハーブティーについて】

・様々な植物やハーブ(香草)を湯に浸したり、煮だしたりした飲み物。香りを楽しみながら・・・。

・ハーブを乾燥させたもの(ドライ)や、生のまま(フレッシュ)で抽出します。

フレッシュハーブティーは、摘みたてならではの新鮮な香りを楽しむことができます。

ドライハーブは長期保存ができ、年間を通じて入手ができるという利点もあります。

 

 

 

Comments are closed