はな・hana~お花の時間「芋の花」

 

   

R1年 11月15日 『はな・hana』 放送内容

 

【「秋は芋!」 の話】

 

<サツマイモの花> ヒルガオ科 

image56[1]

・本州では滅多に見ることができず、朝顔のような薄紫色やピンクの花が咲きます。

・短日性(日長時間が短かいこと)であるため本州などの温帯地帯では開花しにくく、

品種や栽培条件によって稀に開花する程度です。

・サツマイモは10月~11月に収穫。食べる部分は根です。

・掘りたてよりも1月~2月貯蔵した方が甘みが増え美味しい。

 

<ジャガイモの花>  ナス科

jagaimo-hana02[1]

・ナスによく似た花で、品種によって色が変わります。

・五弁の花で中央に黄色い花芯があります。

・花の色は「男爵芋」は白、「メークイン」は紫、赤など。

・実は青いミニトマトのよう。

・食べる部分は地下茎(塊茎)が肥大したものです。

・年2回収穫でき、春ジャガは5月から6月に収穫。秋ジャガは11月から12月中旬にかけて収穫。(花はその前に咲く)

・ジャガイモの澱粉は片栗粉や春雨の材料となります。

・マリー・アントワネットはジャガイモの花を髪飾りにした。

 

<サトイモの花> サトイモ科

satoimo9-02[1]

・花を見るのは珍しく、花の形は炎のように細長い先の尖った円錐状をしていています。(ミズバショウやカラーのよう)

・真夏に、上の部分がクリーム色に膨らんだ花の茎が見られ花は早朝に咲きます。

開花前日には匂いが漂います。

あまり良い匂いではなく、熱帯では小さい虫達が匂いに誘われ、他の花との受粉を手助けします。

・収穫時期は9月~11月(地域差あり)

・サトイモは茎が肥大したものです。

・株の中心に親イモができ、その周りに小さな子イモが増えていく。

Comments are closed