はな・hana~お花の時間「レンゲ」「花の漢字に関する話」

 

   

 

R2年 4月17日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>

【レンゲ】  マメ科  蓮華・蓮花

DSC_0241

・「蓮華」の名前の由来は、小さな花が蓮の花に似ているから。

・レンゲの花の正式和名はゲンゲ「紫雲英」。

レンゲの花が一面に咲く様子が、低くたなびく紫の雲のようだから、と言われています。

『右によけ 左によけて 蓮華草』 正岡子規

・7枚から9枚の小さな花びらがくるりとひと回りして花の形を作ります。

茎近くは紫色がやや強くて、先端に向けてピンク色から白色になっていきます。

 

・ミツバチとレンゲ

蓮華の花の蜜を吸うミツバチ。ミツバチの身体の重みで下側の花びらが下がり、雄しべと雌しべが現れます。

ミツバチの身体についた花粉がまた別の花に・・・。

ミツバチは蜜をもらい、レンゲはミツバチの力を借りて受粉をします。

 

・受粉が終わると花への栄養が断たれ、赤紫色に変わっていきます。(紅葉)

・花後はさやができて中には種子が。(1つのさやにおよそ10個の種)

・種を収穫した後のレンゲは、そのまま土に漉き込んでしまえば土が肥沃になります。

・黒っぽく熟すのを待って収穫した種は冷蔵庫などで保存します。

・種は秋にまき、発芽して、冬を越し、春に開花します。

 

*レンゲ畑が減った理由

・化学肥料の普及で、農家に面倒なレンゲの栽培を行わずに土作りができるようになった。

・レンゲを猛烈な勢いで食べつくす害虫出現。

・稲作の衰退。

 

*日本ミツバチと西洋ミツバチ

日本ミツバチは複数の花につく(逃げやすい) ⇒ 蜜が取れにくい

西洋ミツバチは特定の花につく ⇒ 蜜が取れやすい

 

 

【「花」の漢字にまつわる話】

=花のつく漢字=

「(魚花)」= ほっけ  「糀」 = こうじ(麹)  「埖」 = ごみ(塵芥)

「椛」 = もみじ(紅葉)、かば(樺)   「誮」 = やさしい(優しい)

「錵」 = にえ(沸)   「硴」 = かき(牡蠣)

 

=花名の漢字=

「秋桜」 = コスモス  「向日葵」 = ヒマワリ  「蒲公英」 = タンポポ

「風信子」 = ヒヤシンス  「白粉花」 = オシロイバナ  「女郎花」 = オミナエシ

「仙人掌」 = サボテン  「百日紅」 = サルスベリ

Comments are closed