はな・hana ~ お花の時間 -FlowerTime-

お花の時間のページ

Comments are closed


2020-03-20

はな・hana~お花の時間「モクレン」「スワッグ」

 

   

R2年 3月20日 『はな・hana』 放送内容

<今月のお花>

【モクレン】   木蓮  欧米では “マグノリア”

・木蓮・・・紫色の「シモクレン」、白色の「ハクモクレン」。

 

<シモクレン> モクレン科 紫木蓮  中国原産

DSC_0088

・シモクレンは根元から複数の幹が立ち上がり、4~5mほどの中高木。

花びらは6枚で、開花中に葉が出て花が終わるころには葉に隠れてしまいます。

・花の時期は4月~5月。花の色は紫色。

 

<ハクモクレン> モクレン科 白木蓮  中国原産

DSC_0087

・ハクモクレンは幹が単一で太く、高さ10~15m。花びらは9枚で開花後に葉が出ます。

・花の時期は3月~4月。花の色は白色

 

<コブシ> モクレン科

・こぶしは日本原産。

・咲く時期・・・こぶしの花は3月~5月。花の色・・・・こぶし花の色は白。

⇒ 紫ならば木蓮。白ならば、こぶしか白木蓮

 

<ハクモクレンとコブシの見分け方>

・コブシは花が咲いている時、花の付け根に一枚の葉がついている。

ハクモクレンの花に葉はなく花が終わってから葉が芽生える。

・花の大きさを比較すると、コブシの花は小さく、ハクモクレンの花は大きい。

・花の数を比較すると、コブシは多く、ハクモクレンは少ない。

・コブシの花は横向きや下向きにつくので下から見上げると花の中心が見えることが多い。

ハクモクレンの花は上を向いているので、下から見上げても花の中心は見えない。

・コブシの花の咲き方は花が全開する。ハクモクレンの花はすぼまり気味に咲く。

 

 

【スワッグ】

DSC_0071

花や枝で作る壁飾り。

ヨーロッパでは魔除け、幸運を運んできてくれるという意味で飾る人が多く

玄関の扉にリースやスワッグを飾ります

ドライフラワーや生花で作ってよし。アートフラワーで作るもよし。

 


2020-03-16

はな・hana お花の時間「気になる話」「気になるお花」

 

   

R2年 3月6日 『はな・hana』 放送内容

 

【気になる話】

<「花のある生活を!…というけれど>

とあるお花屋さんの独り言(ボヤキ)です。  日本は花が売れにくい・・・。

「花のある生活」

=リビングには季節の花が飾られて。観葉植物や鉢植えの花。

食卓テーブル・玄関にも花。お庭や玄関先には寄せ植えなどのガーデニング。

でも・・・みんなそんなに「家」にいないのでは?

お勤めの人は、平日は出勤して仕事をしています。

平日は帰って寝るだけという人も多いはず。

お部屋に飾る花を見る時間は、一日2~3時間あればいい方かも?

さらに人のいない家は鍵をかけ窓も閉めているので、植物にとっても良い環境とは言えない。

⇒日常的に花を飾れないのは、家に長く滞在するライフスタイルを送れる人が少ないから。

 

どうすれば花を楽しめる!?

*家にいるとき=予定のない週末、ゆっくりする日の前日には花を買う!

*枯れない花を飾る=鉢植えの花・観葉植物・アーティフィシャルフラワー・ドライフラワー

プリザーブドフラワーを飾る。

*ライフスタイルを変える=家にいる時間を増やす (テレワーク…)

 

【気になる花】

<ミモザ> マメ科アカシア属

DSC_0035

・「ミモザ」は、黄色の房状の花が咲くアカシアの仲間の呼び名として使われています。

・シルバーリーフと呼ばれる銀色がかったグリーンの葉が特徴的。

・3/8は「国際女性デー」。女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定。

・イタリアでは「女性の日」とされ、日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。

・日本でも「ミモザの日」として、女性へミモザの花を贈る習慣を。

 

<ユキヤナギ> バラ科  別名 コゴメバナ コゴメヤナギ

・早春。垂れた長い枝に白やピンクの小さな花を沢山つけることが特徴。

枝ぶりの姿が柳に似ています。

・以前は、花の色は白だけでしたが、ピンク系の新しい品種も増えてきました。

 

<ジンチョウゲ> ジンチョウゲ科 沈丁花

・小さな花が毬(まり)のような塊になって枝先に咲く。

・三大香木の一つ。

春の「ジンチョウゲ」

夏の「クチナシ」

秋の「キンモクセイ」

・見る機会はめったないが、実を赤く可愛らしい。

ただし、実は猛毒なので口に入れないように注意しましょう

 


2020-02-23

はな・hana~お花の時間「蘭」

 

   

R2年 2月21日 『はな・hana』 放送内容

 

【今月のお花】

<蘭 (ラン)>

ランは、野生種だけでも約1~3万種もあると言われ改良された園芸種を入れると、

地球上で確認された植物の1割近くが蘭ということになります。

 

=原産国による分類=

世界各国に自生し、種類の数が多過ぎることや種類間での違いが少ないことから、

「東洋ラン」と「洋ラン」の生息地によって分けられることがあります。

「東洋ラン」は日本や中国を原産地としているラン、それ以外の地域のランを「洋ラン」と呼びます。

 

=根っこの生え方による分類=

土の中奥深くまで根を下ろす「地生ラン」と、木の幹や岩肌に張り付いて育つ「着生ラン」の生育パターンがあります。

「地生ラン」はバルブと呼ばれる根っこや茎に水分を貯めこむタンクを作ります。

「着生ラン」は昼に気孔を閉じて水分の蒸発を防ぎ、夜に光合成を行う特殊な性質をもちます。

 

=8つの種類の分類=

園芸用として流通しているものは、

「カトレア」「デンファレ」「オンシジウム」「ファレノプシス(胡蝶蘭)」

「バンダ」「デンドロビウム」「シンビジウム」「パフィオペディラム」の8つがあります。

 

【コチョウラン】(ファレノプシス) 地生蘭

088c5e9d3b2057bdf23a4d4c0dc2ecfd_1533060835-480x320[1]

 

【カトレア】(洋蘭の女王) 一番メジャー 着生蘭

e45e6ee0677d7ccd5ff78f5bf8ddab2d_1533061660-480x320[1]

 

【デンドロビューム】 着生蘭

9bd1a360e4e50fbf213caa18ad3d78dc_1533061669-480x320[1]

 

【デンファレ】 (正式名 デンドロビウム・ファレノプシス)

e088ec0166bd4d423ba92ed255cfb7b5_1533117463-480x320[1]

 

【シンビジウム】地生蘭

03ac3a4c689d37455f2fd3532a10ebf1_1533117465-480x320[1]

 

【オンシジウム】

79a27daf3a62b4b2586e19617a2794ed_1533118221-480x320[1]

 

【バンダ】 着生蘭

f5e7e12d3f3ab667eedb94845dfae0a6_1533118220-480x320[1]

 

【パフィオペディラム】 (パフィオ)

2896dd23815e451a947ce4d2601389bc_1533118216-480x320[1]

 

 

・毎年よい花を咲かせるには、日当たり、湿度、通気をできるだけ自生の状態に近づけましょう。

・蘭は基本的に寒さと乾燥した空気が苦手です。

真夏を除いて春〜秋は戸外で十分に日に当て、冬は室内の暖かい場所に移動したり霧吹きで水をかけましょう。

・ギフトの寄せ植えはそのままでは傷みやすいため、花後できるだけ早く植え替えましょう。

 


2020-01-20

はな・hana~お花の時間「ボケ・ロウバイ」

 

    

R2年 1月17日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【ボケ】 木瓜  

0ca5d1ed54e956a68a218b936043dcf3_1558014149[1]

バラ科

・花木で、平安時代から日本人に親しまれる。

・実が瓜のような形で木に瓜が生ることから「木瓜」。

「木瓜」を「もっけ」と呼んでいたのが次第に「もけ」→「ぼけ」になった・・・などの説

・開花時期は、11月~ 4月頃。

11月頃から咲き出す花は春に開花するものと区別するために「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ぶ。

・花の色は赤、白、ピンクなど。樹高は1~2m。枝にトゲがあるものとないものがある。

・花後の9~10月には青い実をつけ、実は香りがよく、果実酒やジャムが作って楽しむことが。

 

【ロウバイ】  蝋梅

flowers-of-winter-sweet[1]

ロウバイ科 落葉低木の一種。

・「梅」という名がつき、花が梅の花に似ているものの、梅(バラ科)の仲間ではない。

・唐(中国)からきたので唐梅(カラウメ)とも呼ぶ。

・12月頃~2月頃、梅に似たロウ細工の様な半透明の黄色い花がうつむき加減に咲く。

香りが良く、年末年始を彩る切花として人気。

・”蝋細工”のような梅に似た花から「蝋梅」の名になったらしい。

また、臘月(ろうげつ:陰暦の12月)に梅に似た花を咲かせる…説もあり。

・9月頃にミノムシのような実ができる。

・花はポロっと落ちやすいのでぶつけないように気をつけましょう。

 

 

<お花の知識>

【アーティフィシャルフラワー(アートフラワー)】

人の手によって作り出された花全般を、アーティフィシャルフラワー=アートフラワーと呼びます。

「アートフラワー」・・・主に布ででき、薄地の布から厚地の布まで幅広い素材で作られています。

花びら一枚一枚がリアルに生花に近く、質感・発色とも本物の見間違うほど。

 

「造花」・・・主にプラスチックやポリエステルなどの素材で、ぱっと見て造花と解ってしまうもの。


2020-01-20

はな・hana~お花の時間「ビクトリーブーケ」「キク」

 

   

R2年 1月10日 『はな・hana』 放送内容

 

 

<お花の知識>

【ビクトリーブーケ】

オリンピックではメダリストに「ビクトリーブーケ」(勝利の花束)を渡すという習慣がありました。

しかし、生花が日持ちしないことや検疫で自国に持ち帰れないことなどの理由から、

2016年のリオデジャネイロ五輪・2018年のピョンチャン五輪は、ぬいぐるみなどの記念品が贈呈されました。

2020年の東京大会では「ビクトリーブーケ」が復活します!

ブーケ

(幅:約17センチ、高さ:約28センチ)

 

・東京オリンピック・パラリンピックでの「ビクトリーブーケ」のデザイン。

・明るい色を基調に、東日本大震災で被災した地域で育てられた花を中心に使用。

・ブーケは、オリンピック・パラリンピック合計で約5000個が用意される予定です。

・オリンピックマスコット(青色)「ミライトワ」とパラリンピックマスコット(ピンク)「ソメイティ」のぬいぐるみが取り付けられます。

 

 オリンピック用(青い方)

・・・トルコギキョウ(福島県産)・ヒマワリ(宮城県産)・リンドウ(岩手県産)ナルコラン(福島県産)・ハラン(東京都産)

 

パラリンピック用(ピンクの方)

・・・トルコギキョウ(福島県産)・バラ(宮城県産)リンドウ(岩手県産)・ハラン(東京都産)

 

 

<今月の花>

【キク】 

「ビクトリーブーケ」の当初の有力候補の花は「キク」でした。

キクは1964年の東京オリンピック開会式の聖火台へ昇る階段を彩ったという歴史もあります。

国花ともされ、夏の暑さにも強い「キク」。

*国花とは、その国民に愛されその国を象徴する花。

日本では法で定める国花はないのですが、国民に広く親しまれている桜や菊が事実上の国花として扱われています。

 

秋の花である菊を真夏に咲かせる研究が15年から本格化。

赤やオレンジ、ピンクなどの様々な色や形のキクが開発されました。

<開発してきて生産者の方の声>

約100品種を試験栽培し、暑さに負けず、見た目も鮮やかな品種を選び、赤い菊や中央が黄色く周りが白い菊など、

鮮やかなで魅力あるキクを開発することができました。残念ながら菊はブーケに選ばれませんでしたが、

「夏の暑さが年々厳しくなる中、強くておしゃれな品種ができたことは大きな成果。

一年中、心の癒やしを提供できるよう、今後も研究を続けたい」とのことです。

 


2019-11-29

はな・hana~お花の時間「芋の花」

 

   

R1年 11月15日 『はな・hana』 放送内容

 

【「秋は芋!」 の話】

 

<サツマイモの花> ヒルガオ科 

image56[1]

・本州では滅多に見ることができず、朝顔のような薄紫色やピンクの花が咲きます。

・短日性(日長時間が短かいこと)であるため本州などの温帯地帯では開花しにくく、

品種や栽培条件によって稀に開花する程度です。

・サツマイモは10月~11月に収穫。食べる部分は根です。

・掘りたてよりも1月~2月貯蔵した方が甘みが増え美味しい。

 

<ジャガイモの花>  ナス科

jagaimo-hana02[1]

・ナスによく似た花で、品種によって色が変わります。

・五弁の花で中央に黄色い花芯があります。

・花の色は「男爵芋」は白、「メークイン」は紫、赤など。

・実は青いミニトマトのよう。

・食べる部分は地下茎(塊茎)が肥大したものです。

・年2回収穫でき、春ジャガは5月から6月に収穫。秋ジャガは11月から12月中旬にかけて収穫。(花はその前に咲く)

・ジャガイモの澱粉は片栗粉や春雨の材料となります。

・マリー・アントワネットはジャガイモの花を髪飾りにした。

 

<サトイモの花> サトイモ科

satoimo9-02[1]

・花を見るのは珍しく、花の形は炎のように細長い先の尖った円錐状をしていています。(ミズバショウやカラーのよう)

・真夏に、上の部分がクリーム色に膨らんだ花の茎が見られ花は早朝に咲きます。

開花前日には匂いが漂います。

あまり良い匂いではなく、熱帯では小さい虫達が匂いに誘われ、他の花との受粉を手助けします。

・収穫時期は9月~11月(地域差あり)

・サトイモは茎が肥大したものです。

・株の中心に親イモができ、その周りに小さな子イモが増えていく。


2019-11-4

はな・hana~お花の時間「ショウガ」

 

 

   

R1年 11月1日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【ショウガ】ショウガ科

<ショウガの花>

・生姜農家でさえ花を見たことがない人が多く、日本ではめったに見られない貴重な花。

・生姜の花とは違いますが、香り豊かなハナシュクシャ(花縮砂)という植物があります。

晩夏から秋にかけて、背の高い大きな花が咲き、色は白。(改良されてオレンジや黄色なども)

白い百合のような花の様子から「ジンジャーリリー」や「ガーランドリリー」と呼ばれます。

 

<ショウガ>

・ショウガは「根」の部分と思われがちですが、茎が土の中で肥大した地下茎です。

・ショウガは特有の香りと辛味を持つ薬効の高い野菜で、おもに香辛料として利用されます。

・肉や魚の消臭効果をはじめ殺菌作用や解毒作用、血行をよくする働きもあり、風邪予防や冷え症対策としても使われます。

その他期待される効能・・・高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化予防、食欲増進、

 

<ショウガのいろいろ>

【根しょうが(ひねしょうが)】

・一般的に流通している「しょうが」。別名「ひねしょうが」とも。

・野菜というよりも薬味や香辛料として利用されます。

・根ショウガは9月~10月が収穫期にあたり、貯蔵されたものも含め通年出回っています。

 

【新しょうが】

・初夏(6月頃から8月くらいまで)に収穫される根しょうが。

貯蔵せずに繊維がやわらかくみずみずしい状態で利用します。

皮が白っぽくて茎の付け根が赤く、スジが少なくさわやかな辛味が特徴。

甘酢漬けや味噌漬け、醤油漬けなどで保存。

*新生姜には2通りあり、一つは秋に根生姜の収穫後すぐに出荷される色白の物。

もう一つが甘酢漬けなどにされる夏のうちに収穫され、赤い茎の部分が付いているもの。

 

【葉しょうが】

・根に茎と葉がついたままのもの。根は細くて皮が白く、茎の付け根は紅色を帯びています。

甘酢漬けにしたり味噌をつけてそのまま食べるのが一般的。

また葉しょうがを軟化させて早採りしたものを「矢しょうが(筆しょうが・芽しょうが)」と呼びます。

*はじかみ=矢生姜を甘酢漬けにし、焼き魚などのあしらう

 

<ショウガの保存方法>

乾燥を防ぐためキッチンペーパーなどで包んでポリ袋に入れ、涼しい冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

長期保存の場合は、千切りやみじん切り、すり下ろすなどして冷凍するとよいでしょう。

新しょうがと葉しょうがはあまり日持ちしないので早めに使い切りましょう。


2019-10-20

はな・hana~お花の時間「秋には球根を植えましょう」「ガーベラ」

 

   

R1年 10月18日 『はな・hana』 放送内容

 

【秋は球根の植え付けを】

おなじみの秋植え球根・・・ヒアシンス、スイセン。

いずれも丈夫で育てやすく、庭に植えっぱなしで毎年楽しめる点がおすすめ。

 

<ヒアシンス> キジカクシ科

02131650_4f38c0cd272b5[1]

・植木鉢は直径約15cmに球根1個が目安。

・球根を鉢の中心に置き、球根のてっぺんが土から顔を出すくらいまで土

を入れる。たっぷりと水やりをする。

・10~4月によく成長するので乾燥させないよう気をつけます。

・2~4月に花が咲く。

花が咲きはじめたら、液体肥料を与える花が全部咲き終わったら、茎の付け根から切り落とす

・茎と葉が茶色く変色したら切り取り、球根を掘り上げる。

 

<スイセン> ヒガンバナ科

b2d1c0280bea10d3cbf8a0dd74383719_m[1]

・定植が遅くなると地温が下がり根が出にくくなる。

・球根は、小球は球根の上に6~7cm、大球では約10cm

土がかかる深さに植えます。

・植える間隔は、小球は10~15cm、大球は15~20cm。

・鉢植えは、大輪種では18cm鉢を使い、5球くらいを球根の

頭が隠れるくらいの深さに植えると、開花時は見事。

・開花は3~4月。

 

<今月の花>

【ガーベラ】   大千本槍(オオセンボンヤリ) キク科

DSC_8250

・ガーベラの開花期は、3~5月(春)と、9~11月(秋)の2回です。

・ガーベラは野生種が約40種、品種が500種以上あるとされています。

・花の大きさで「ミニガーベラ(花径6~7㎝くらい)」と「大輪ガーベラ(花径8~10㎝くらい)」があります。

・ガーベラは1年中手頃に買えるお花。

1年中安定して栽培・出荷されており、お花屋さんでは超スタメン級の切花です。

価格も1本150~300円くらいで使いやすい。

・4月18日は「よいはな(418)ガーベラ」で記念日と制定しました。

・茎の中は空洞で首がたれやすいので、茎をワイヤーで補強するとよい。

・茎は変色しやすいので水は少なめの方が良い。


2019-10-7

はな・hana~お花の時間「落花生」「秋のコスモス畑めぐり」

 

   

R1年 10月4日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【落花生】   マメ科

DSC_8186

rakkas08[1]

・原産地は南米アンデス地方。日本には江戸時代に中国より伝わりました。

・地上にある枝に花が咲き、花の基の部分から子房が伸び地中にもぐり、土の中で実が育ちます。

・花が落ちて豆が誕生することから「落花生」と呼ばれています。

・種まきから40~50日ぐらいで、花径1cmほどの蝶が羽を広げたような黄色い花が8月中旬頃まで次々に咲き続けます。

・収穫は9月から。11月には乾燥させた新豆が出回ります。

・現在、国内の落花生流通量の全体の9割が外国産で、国内産は約1割程度となっています。

国内産の約8割が千葉県で生産されています。

 

・健康食材の優等生

豆に含まれる栄養素の半分は脂質ですが、多くは不飽和脂肪酸で血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

また若返りのビタミン=ビタミンE。脳の働きに関わるレシチン。神経の働きを助けるビタミンB群。

血圧の安定に役立つカリウムのほか、たんぱく質や食物繊維も豊富です。

栄養が豊かな分エネルギーも高めなので摂りすぎには注意が必要。

1日20粒ぐらいが目安。

 

・11月11日はピーナッツの日。

ピーナッツは一つのさやに二つの豆が入っていて双子のよう。

そこで、11が二つ重なるこの日をピーナッツの日として(財)全国落花生協会が制定しました。

 

 

【秋のコスモス畑めぐり】

<万博記念公園コスモスフェスタ>  10/7(土)~11/5(日)

 

<とよのコスモスの里>   住所/豊能郡豊能町牧

見頃/9月上旬~10月下旬  料金/入園料一般500円、小中学生300円

周囲の山々の濃い緑とのコントラストも絶妙。 約100万本のコスモス

例年は特設の売店でコスモスの切り花や地元の野菜、果物などを販売。

 

<三島江コスモスロード>

地元の農家さんが休耕田を利用し、協力してつくるコスモスロード。

見頃は10月の中頃前後。 約20万本の花が咲き誇る。

 

<武庫川 髭の渡しコスモス園(むこがわ ひげのわたしコスモスえん)>

見頃/10月中旬~11月中旬  約550万本(早咲きと遅咲きを混合)

ゴミの不法投棄などで荒れていた河川敷を地元住民をのボランティアが花の楽園に。

住所/尼崎市常松2丁目・西昆陽4丁目(武庫川河川敷)   観賞無料

 


2019-09-13

はな・hana~お花の時間「月を見ながら花を愛でる」「月下美人」

 

   

R1年 9月6日 『はな・hana』 放送内容

 

【月を見ながら花を愛でる】 

DSC_7964 (2)

・今年の「中秋の名月」は9月13日。

・「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。

・9月13日「中秋の名月」、9月14日「満月」。

中秋の名月と満月の日付が1日ずれることはしばしば起こります。

 

<月を見ながら花を楽しみませんか>

『秋の七草』・・・観賞する花 (春の七草は厳しい冬を乗り越えるための食べる七草)

ハギ(萩) ・ ススキ(薄) ・ キキョウ(桔梗) ・ ナデシコ(撫子)

クズ(葛) ・ フジバカマ(藤袴) ・ オミナエシ(女郎花)

 

秋の訪れを、ひっそりと知らせる植物。

万葉時代からの秋の七草ですが、派手な植物が入っていません。

 

<観月を楽しむ>  9月13日開催

『大覚寺 観月の夕べ』 京都嵯峨野 舟に乗って風情を味わう。 お茶席も。

『姫路城観月会』 兵庫県姫路市 琴や和太鼓の演奏・神楽の披露。

『住吉大社 観月祭』 ススキや月見団子が供えられた反橋(太鼓橋)で和歌・俳句を読み上げ。

 

<今月の花>

【月下美人】 サボテン科

main_00000000379[1]

・美しい花を咲かせることで知られる多肉植物。

・一晩だけしか花を咲かせないことが特徴で、日本では6~11月に花を咲かせることが多い。

・「甘く気持ちのよい香り」「上品なやわらかい香り」。

・古くから月下美人の花や実は、食用や薬用にされてきました。

 

*月下美人の花は、夜に咲いて翌朝にはしぼみ、その後二度と開くことはありません。

夕方から香りを放つようになり、満開になる20時頃には香りがピークを迎えます。

その後2~3時間が最も見頃となっています。

夜に花を咲かせるのはライバルが少ないためで、暗闇で目立つ白い花と強力な香りによって、

花粉を運んでくれるコウモリを引き寄せます。

日が昇る頃には、色も香りも失われてしまいます。