はな・hana ~ お花の時間 -FlowerTime-

お花の時間のページ

Comments are closed


2018-10-7

はな・hana~お花の時間「エノコログサ」「スポーツシーンを彩る花」

 

   

H30年 10月5日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>

【エノコログサ】 

イネ科 エノコログサ属

1538458470537

・空き地・道端のどこにでも生えている野草。

・穀物のアワ(粟)の原種。

・夏から秋にかけて花穂を付けます。

・犬の尾に似ていることから「犬っころ草」が転じてエノコログサという呼称になったそう。

・「ネコジャラシ」の俗称は、猫がじゃれつくことから。

 

「ラグラス」・・・地中海地方原産のイネ科

・エノコログサに似ていますが、花穂はもっとフワフワとしています。

・ラグラスは「野ウサギのしっぽ」という意味で、英語名もラビットテール・グラスです。

・フラワーアレンジメントではドライフラワーとして、さまざまなに着色し利用されます。
DSC_6271

*穂が小さい「バニー・テール」

 

<お花の知識>

【スポーツシーンを彩る花】  =舞台裏の苦労=

スポーツの舞台を華やかに盛り上げる花々。(ビクトリーブーケや会場装飾など)

花の生産者やブーケを用意する人々には、さまざまな準備・試み・苦労があります。

・花選び…香り強すぎない、刺激の無いもの。茎が強く崩れないこと。暑さなどに強く傷みにくい。

・花をそろえる…大会開催に合わせて花を咲かせる。数・品質をそろえる。

 

<ビクトリーブーケプロジェクト> 

日本の花生産者に協力の呼びかけ

*ウィメンズオープン(花キューピットがスポンサー)

*日本選手権水泳大会

*2020年東京五輪・パラリンピックでは、メダリストへのビクトリーブーケ(約5300個)を贈るかどうかは未定。

花の業界団体などでは必要とされた場合を想定し準備を進めています。

 


2018-09-27

はな・hana~お花の時間「カボチャ」「ムラサキシキブ」

 

H30年 9月21日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>

【カボチャ】    ウリ科

<カボチャの花>

a0100152_6521594[1]

・梅雨の頃から花がつきはじめます。

・花のガクの下に膨らみがある雌花、ないのが雄花。

・受粉しないと実が大きくならず、やがて自然落果。

・自然で受粉しますが、人工授粉が確実。

・食べることができ、イタリアでは“チーズ等を包んだ天ぷら“はお馴染みのメニュー。

 

*「玉直し」・・・色・形を整えるため、実の位置を変えて

裏面にも日を当て、色をしっかりのせるようにする。

(カボチャは地面に這って成長するため、実が地面に接

している部分には日が当たらず、緑色に色付かないことがある。)

 

 

<かぼちゃについて>

・カボチャの呼び名の語源は「カンボジア」が由来。

・カボチャは大きく 日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャの

3種類になります。

 

・日本で食べられている主なかぼちゃ

「西洋かぼちゃ」

黒皮栗かぼちゃ、青皮栗かぼちゃ、赤皮栗かぼちゃ 白皮栗かぼちゃ

「日本かぼちゃ」

黒皮かぼちゃ 鹿ヶ谷かぼちゃ マサカリかぼちゃ

「ペポかぼちゃ」

ズッキーニ  金糸うり テーブルクィーン

 

・栄養面では、日本カボチャより西洋カボチャの方が効果大

 

・『冬至にカボチャを食べると風邪をひかない』

…カボチャに豊富なカロテンとビタミンCが風邪に対する抵抗力を高めることに由来します。

・種とワタまで食べよう…栄養価を豊富に含む種とワタは捨てずに利用しましょう。

・かぼちゃの効能・・・風邪予防、美容・美肌、動脈硬化予防、高血圧予防、疲労回復

 

【ムラサキシキブ】  紫式部  シソ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・初夏に薄紫色の小さい花を咲かせます。

・9月~10月紫色の小さな実を葉の付け根辺りに付けます。

・日本全国の広い範囲に分布する落葉低木。

 

*「コムラサキ」

DSC_6203

ムラサキシキブに比べて背丈、葉、実が小ぶりで、実のなりも良いため、一般家庭の庭に好んで使われる。

ムラサキシキブの実は不揃いで、まばらな印象を受けるが、コムラサキは密生する。

コムラサキは葉の付け根からやや離れた場所に付きます。

 

 


2018-09-19

はな・hana~お花の時間「ホトトギス」

 

   

H30年 9月7日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>

【ホトトギス】  杜鵑

ユリ科    夏の終わりから秋にかけて斑点模様の花を咲かせます。

hototogisu02[1]

a4ae11ebcbee28a89792399c125679e8-480x320[1]

・古くから親しまれる日本固有の花。

・見ごろは夏8〜9月で、秋10月頃まで咲き続けます。

・主に岩場の斜面などのように湿った環境を好んだり、秋に日陰に多く生えます。

・格調高い花として茶花や生け花に古くからよく用いられてきました。

・若葉や花にある斑点模様が、 鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名に。

・9月12日の誕生花。 花言葉は「秘めた意志」

 

鳥のホトトギスのお話も・・・。

*ホトトギス・・・時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公

・カッコウ科の鳥。全長約28cm。全体に灰色で胸から腹に横斑がある。日本に初夏に渡来。

・キョキョキョと鳴き、「てっぺんかけたか」「ほぞんかけたか」「特許許可局」などと聞こえる。

・春の「ウグイス」、秋の「雁」とともに和歌に詠まれ、“冥土に往来する鳥”ともいわれた。

・別名が多く、文目鳥・妹背鳥・黄昏鳥・偶鳥・卯月鳥・早苗鳥・勧農鳥

魂迎鳥・死出田長などがある。

 

*正岡子規

当時は結核は「不治の病」とされ、自分に死期が迫っていると覚悟した。

喀血した(血を吐いた)ことから、「鳴いて血を吐く」と言われているホトトギス(口の中が赤い)と

自分を重ね合わせ、ホトトギスにちなむ句を多く作った。

ホトトギスの漢字表記のひとつの「子規」を自分の俳号とした。


2018-08-27

はな・hana~お花の時間「尾瀬」

 

 

H30年 8月24日 『はな・hana』 放送内容

 

<花紀行>

【尾瀬】

日光国立公園に属し、群馬・福島・新潟・栃木の4県にまたがり特別天然記念物にも指定されています。

山々に囲まれた盆地状の地形で、湿原や湖、季節に咲く花々の景観を楽しむことができます。

 

<ミズバショウ>

3063719[1]

カヤツリグサ科 尾瀬に告げると告げる花 5月下旬~6月中旬に咲く

 

<ワタスゲ>

watasu9[1]

サトイモ科

5月下旬頃から花が咲き、茎の先に丸い玉のような白い花穂をつける。

7月上旬が見頃。

 

<ニッコウキスゲ>

66d0a_0001478250_2[1]

ユリ科  7月中旬からいたる所に咲く

 

=訪れた時の風景=

<サワギキョウ>

DSC_6160

<ミツガシワ?>

DSC_6162

<秋の気配?>

DSC_6159

9月中旬~ 湿原の草が紅葉し始める。

 

 

 

尾瀬ヶ原・尾瀬沼を中心に多くのコースが。

『尾瀬ヶ原』 鳩待峠 ⇒ 山の鼻(標高1407m) ⇒ 尾瀬ヶ原

1534684757466

 

*木道・・・湿原に巡らされた木の道。 総長およそ60数km(1m5万円)

1954年(S29年)歩く人ために作られたが、今では植物保護が目的。

 

*池塘(ちとう)・・・湿原にある水たまり。 尾瀬ヶ原には1000を超える池塘が。

雪解け水や、河川が増水した時に雨水などが集まったもの。

 

「入山の心得・ルールを守って、尾瀬の自然を守りましょう」


2018-08-4

はな・hana~お花の時間「ヒマワリ(画家のヒマワリ)」

 

  

H30年 8月3日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【ヒマワリ】 キク科

<画家にまつわるヒマワリ>

 

=マティス(アンリ・マティス)のヒマワリ=

DSC_6040

 

=モネのヒマワリ=

8ef31da27af39c9c8c92c36e4750da78[1]

*モネ・・・レモンイエローの花びらに中心はグリーン。 花形の整った八重咲き。切り花にも向く。

 

=ゴッホのヒマワリ=

a83121edb1e0a0e6565d24dd0a31054e[1]

*ゴッホ・・・一重・半八重・八重咲きが混じりバラエティー豊富。切り花にも向く。

 

=ゴーギャンのヒマワリ=
3274c749e58f6a19cdb3dcc35a134027[1]

 

・他にも様々な品種が・・・ムーランルージュ・テディベア・セーラームーン などなど。

 

【万博記念公園のひまわりフェスタ】

・~8月12日(日) 自然文化園(チューリップの花園)

・22品種約1万株のヒマワリ

DSC_6053

DSC_6057

 


2018-07-28

はな・hana~お花の時間「サルビア」「お米の話」

 

 

H30年 7月20日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【サルビア】 シソ科

サルビア・スプレンデンス・・・緋衣草(ヒゴロモソウ)

09101849_4e6b32a2a7d08[1]

・日本でサルビアといえば「サルビア・スプレンデンス」を指します。

初夏(6月頃)から秋の終わりまで、開花期間が長いことも特徴です。

 

・観賞用だけではなく食用の品種も。

肉のソーセージに使われたていたことから食用種を「セージ」、

観賞用種を「サルビア」と呼び分ける習慣があります。

 

・本来多年草ですが、日本の真冬に耐えられず枯れてしまうことから、寒さに弱い品種は一年草として扱われます。

 

・サルビアは、英語では「セージ」と呼ばれ、抗酸化作用や消化促進、解熱などの効果がある

ことから、古代ローマ時代から薬草として用いられてきました。

 

 

【お米の話】 

・品種のルーツをたどれば

明治時代に作られていた「旭」と「亀の尾」の2品種にたどり着きます。

現在でもこの2品種は食用米として作付けされている他、日本酒の醸造にも使われています。

*西の「旭」 東の「亀の尾」

 

<人気のお米>

美味しいお米を見つけるには

・作付け割合のランキング・・・日本国内で、どの品種のお米が最も消費され、どのお米が植えられたのかが一目瞭然。

・「米穀検査による米の等級」・・・収穫された後に玄米の状態でお米の等級が検査され、

整った形の米粒が含まれている割合や、虫食いの有無、透明感などを重視して検査されます。

・「穀物検定協会の食味ランク」・・・「香り・外観・味・粘り・硬さ」に「総合評価」を加えた6項目に

おいて優劣を評価しランク付けしています。

 

 

<お米の保存方法>

・保存容器はいつも清潔に・・・新しいお米を入れる度に内部をキレイにしましょう。

(糠などがついていると虫やカビ発生の原因に)

・湿度の高い所・直射日光の当たる所は避け涼しい場所に保管

・冷蔵庫に保管する場合は結露が出ないように注意。

 

 

 


2018-07-12

はな・hana~お花の時間「バジル」「道後温泉」

 

   

 

H30年 7月6日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【バジル】 シソ科    別名 メボウキ

=スゥートバジル=

1530629465801

<育て方>

・生長し丈が20cm位になったら、芽先を摘んでワキ芽を

伸ばし、また伸びてきたらそのワキ芽の芽先を摘みます。

この作業を『摘心』と言います。摘心を3~4回繰り返すと

枝の数が増えてたくさん収穫できます。

 

・夏以降は茎の先端白い小花が咲きます。

花が咲くと葉が硬くなって風味も落ちます。

秋まで収穫したい場合は、花が咲く前に花穂を摘み取りましょう。

そのままにしておくと種子が出来て翌年の春も芽が出ることがあります。

 

・風通しが悪いと、梅雨時は蒸れて下の方の葉が枯れてしまうことがあります。

切り落として風通しを良くしましょう。

 

 

<花(温泉)紀行>

【道後温泉】 

愛媛県松山市  市花・・・椿

日本三古湯・・・道後温泉・有馬温泉・白浜温泉

 

<椿の湯>

椿をシンボルとした松山市民の親しみ深い公衆浴場。

1953年「第8回国体」開催に建設、1984年改築、2017年12月リニューアルオープン。

道後商店街の中央に位置し、蔵屋敷風の落ち着いた雰囲気。

 

<道後温泉本館>

DSC_5941

道後温泉のシンボル温泉施設。

温泉は、道後温泉本館・椿の湯も 無加温・無加水の「源泉かけ流し」の湯。

・日本の公衆浴場として初めて1994年国の重要文化財に指定されながら、

博物館化せず現役の公衆浴場として営業を続けています。

・「霊の湯」と「神の湯」の2つの浴室、広間や個室の休憩所があり、

4つの入浴コースがあります。

・日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿」や、夏目漱石も使ったという「坊っちゃんの間」も見学できます。

 

<道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)>

椿の湯に隣接し2017年12月グランドオープン。 新しい温泉施設。

 


2018-06-19

はな・hana~お花の時間「アジサイ」「三室戸寺」

 

   

タッキー816みのおエフエムで第1・第3金曜日930分~放送中!

塚本玲子の『はな・hana~お花の時間』

 

H30年 6月15日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月の花>

【アジサイ】  

ユキノシタ科

・アジサイの花のように見える部分は、萼(ガク)と呼ばれる葉っぱが変化したものです。

・根から吸収される養分により花色が変わり、酸性ならば青色、アルカリ性ならピンク色へと変化。

最終的には花の老化ともいえる現象によって、どの花色も赤やピンク色へと近づいていきます。

・100種以上の種類や品種があり、毒が含まれている品種を体内に取り込むと、

吐き気・めまい・嘔吐・顔面紅潮といった症状が現れ、2~3日で症状が治まるといわれています。

 

<ガクアジサイ>

DSC_5766

日本に自生する原種の1つ。

花が周辺部だけに額縁のように咲きます。

 

<ホンアジサイ>

DSC_5601

ガクアジサイを品種改良して作られた。

今では最も知名度が高く、一般的にアジサイというとホンアジサイを指します。

 

<ヤマアジサイ>

DSC_5770

沢地など水の多い地域に生息する種類。

ガク咲きで花や葉が小さめが特徴

 

<アジサイ・アナベル>

DSC_5669

蕾の色は緑色で、花が咲き始めると徐々に白く変化し大きな手まり型に咲く。

イングリッシュガーデンでもおなじみのアジサイ

 

  

<花紀行>

【三室戸寺】

京都府宇治市 西国三十三所第10番札所

P6165346

50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れ、

『あじさい寺』とも称されています。あじさいの名所として有名です。

ハート形のアジサイを見つける楽しみもあるようです。

 

*「柏葉アジサイ」・・・葉が柏の葉に似て、ピラミッド型に花が咲く。

*「七段花」・・・枝はヤマアジサイらしい細身の枝。

花色が変化するところが面白く。

基本の花色は薄いブルーですが、そこから薄いピンクになったり、

濃い紫色になったり、紺色になったりといった変化が楽しめます。

 

★あじさい園ライトアップ

期間:平成30年6月9日~6月24日の間の土・日曜日のみ

時間:19時~21時(20時30分受付終了)

拝観料:大人800円 小人400円

 

昼間開園

期間:平成30年6月1日(金)~7月8日(日)

時間:8時30分~16時30分 (16時30分には下山していただきます)


2018-06-6

はな・hana~お花の時間「城北菖蒲園」「ハナショウブ」

 

  

 

H30年 6月1日 『はな・hana』 放送内容

 

<花紀行>

【城北菖蒲園】

大阪市鶴見区緑地公園

DSC_5587

DSC_5598

・城北公園の一角に位置し、昭和39年開園した回遊式の花菖蒲園。

・面積は約1.3ha

江戸系・伊勢系・肥後系の三系統をはじめ、

約250種、約13,000株の花菖蒲を栽培しています。

・開園期間:5月中旬~6月中旬

・入園料:200円

 

<江戸系・伊勢系・肥後系・・・>

古くから観賞用として栽培されて、特に江戸時代には盛んに品種改良された。

 

 

<今月の花>

【ハナショウブ】  アヤメ科

DSC_5576

DSC_5571

・名前の由来は「菖蒲」に葉っぱが似ていて美しい花が咲くことから。

・開花時期は、6月初旬~6月下旬。梅雨の頃の代表的な花の一つ。

・花色は青、青紫、紫、白、ピンク、黄など。

・花菖蒲にはさまざまな紫があり、微妙な紫の濃淡を味わうことができます。

・湿り気のある土地に生育し、花びらの付け根は黄色く色づいています。

・花を咲かせるのは、わずか三日間。

梅雨のひとときだけ見ることができる、はかない美しさ。

 

 


2018-05-23

はな・hana~お花の時間「アマリリス」「淡路島の玉ねぎ」

 

   

 

H30年 5月18日 『はな・hana』 放送内容

 

<今月のお花>  

【アマリリス】

DSC_5580 

ヒガンバナ科

・太い茎に直系20cmくらいの赤やピンク、黄色・白色などの花を咲かせる球根植物。

・品種に応じて花を咲かせる時期もそれぞれ初夏に咲く花、春に咲く花、秋と冬に咲く花など。

・中輪の在来種は寒さに強く、大輪の品種は寒さに弱く、冬は室内か、防寒対策が必要。

・ヒガンバナ科なので有毒植物です。

毒があるのは、球根・花・葉部分で、中毒症状としては嘔吐、下痢、血圧低下、肝障害などがあります。

 

*アマリリスの球根を犬が掘り起こしかじって中毒症状になった事例もあり、注意が必要!

 

・アマリリスは「ベラドンナリリー」と呼ばれ、学名は「アマリリスベラドンナ」として南アフリカ原産。

・フランス民謡『アマリリス』の作曲者は、これまでルイ13世とされてきたが、

最近では「ヘンリー・ギース」を作曲者と表記する例も見られるようになってきた。

日本では岩佐東一郎氏による作詞で知られている。

 

<お花の知識>

【淡路島の玉ねぎ】 

DSC_5588 (2) 

収穫の時期が異なり「早生(わせ)」「中生(なかて)」「晩生(おくて)」 と3種類あります。

 

<早生>

3月下旬から5月初旬頃にかけて出荷される品種で 「新玉ねぎ」 と呼ばれます。

特に甘みが強く、みずみずしく、やわらかいので、生で食べるのに最適。水分量が多い為長期保存には不向き。

 

<中生>

5月から7月にかけて出荷される品種で、早生ほど水分量はありませんが、美味しさの特徴は同じ。

風通しのいい場所で10日前後の保存が可能です。

 

<晩生>

6月下旬から翌年3月頃にかけて出荷される品種で、収穫時期が長く3種類の中で最もポピュラーで手に入りやすい種類。

吊り下げられ自然の風を利用してゆっくりと乾燥された玉ねぎで、加熱すると甘みが強くります。

長持ちするので、風通しのいい場所なら30日くらい保存できます

 

・玉ねぎは疲労回復やストレス解消、食欲不振にも効果的で血液サラサラ効果もあるといわれる。